大阪「地名の由来」

「大坂」という地名は、もともとは現在の大阪市域のうちの、大和川と淀川(現在の大川)に間に南北に横たわる
上町台地の北端辺りを指し、古くは摂津国東成郡に属した。この漢字の地名に関する最古の記録は1496年浄
土真宗中興の祖である蓮如によって書かれた御文の中に見られる「摂州東成郡生玉乃庄内大坂」との記載で
ある。もともと、蓮如が大坂と呼んだ一帯は、古くは難波(浪華・浪花・浪速)などが地域の名称として用いられて
いたが、蓮如が現在の大阪城域に大坂御坊(いわゆる石山本願寺)を建立し、その勢力を周辺に伸ばすに及ん
で、大坂という呼称が定着した。その語源は、大きな坂があったために大坂という字が当てられたという説があ
るが、蓮如以前の大坂は「オホサカ」ではなく「オサカ」と発音されており、諸資料にも「小坂(おさか)」と表記さ
れた例が見られる(日本書紀には烏瑳箇とある)。このためにこの説は信憑性に乏しい。蓮如以後、大坂は「お
おざか」と読んだとされる。江戸時代、商人・伝兵衛が海難事故でロシア帝国に漂流したとき、ロシア人には「ウ
ザカ」と聞こえたと伝わっている。しかし、従来「おさか」と読んでいたのを大阪駅の駅員が「おーさか」と延ばして
言うようになったのが広まり、「おおさか」と呼ばれる様になったという説もある。漢字の表記は当初「大坂」が一
般的であったが、大坂の「坂」の字を分解すると「土に返る」と読めてしまい縁起が悪いということから、江戸時代
のころから「大阪」とも書くようになり、明治時代には大阪の字が定着する。一説に「坂」から「阪」への変更は、
明治新政府が「坂」が「士が反する」、すなわち武士が叛くと読めることから「坂」の字を嫌ったとも、単に、役人の
書き間違えの言い訳から定着したともいう。